お知らせ

2019年11月1日

介護見守りシステム「ネオスケア」の廉価版が登場! サーバーレス構成モデルを追加し11/1から販売開始

当社は、現在販売中のロボット介護機器「ネオスケア(Neos+Care)」に、一部機能を制限した廉価版となる「サーバーレス構成モデル」を、2019年11月1日より販売開始(オープン価格)いたします。
本モデルの販売を通じて、介護業界における見守りシステムの導入を促進し、転倒事故の防止や介護業務の負担軽減を通じて、介護の質の向上に貢献してまいります。



■ネオスケアについて
ネオスケアは、写真処理機器で長年培ったノーリツプレシジョンの画像処理技術を活用し、極めて精度の高い検出とプライバシーに配慮した上で視認性の高い映像再現を実現した、革新的なロボット介護見守り機器です。

■サーバーレス構成モデルについて
販売中のサーバーを設置するモデルは、集中管理によるきめ細かい介護サービスの提供に貢献し、市場で高い評価をいただいております。一方で、初期投資を抑えたいというお客様もおられるため、これらのお客様のニーズにお応えし、
検知精度はそのままに、一部の管理機能を見直すことでサーバー設置を不要とするモデルを開発いたしました。



※モバイル端末、ネットワーク機器は別売です。
※製品に関する詳しい内容は、ネオスケア取扱の販売代理店にお問い合わせください。

■発売日
2019年11月1日

■購入方法
ネオスケア販売代理店にお問い合わせください。

お知らせ一覧へ戻る